誰得

謎のスカイラインGT-R Gr.A仕様



BNR32型スカイラインGT-R。90年のデビュー以来、その圧倒的な性能でJTCの頂点に君臨して無敵の進撃を続けたのは本ブログで語るまでもない。だがマシン的には謎な部分もあり、10台ほどある現存車には元の仕様とは異なるレプリカも存在する。今回モーターファンフェスタ2017に展示されていた車は、その中でも特異な1台と言える。
某ショップが持っているGr.A仕様のBNR32型スカイライン。カラーリングは90年にデビューしたカルソニックのものだが、実際にレースで使われた車ではない。よく観察してみると、外観的な特徴としては以下の点が異なっている。

1.フロントバンパー左側から生える牽引フック
2.ボンネットピンの間隔が他のGr.A仕様より広がっている
3.市販型と同形状のドアミラー(プライベーターには市販型を装備した車もあったが)
4.シルバーの5本スポークホイール
5.エアジャッキの接続口が無い(エアジャッキ自体は車体に装備されている)
6.Gr.Aとは微妙に異なる組み方のロールケージ


Gr.A仕様のR32は量産車の開発と平行して進められており、追浜工場でのテストカーの製作とテストを行い、その後ホシノレーシングとハセミモータースポーツのそれぞれが(おそらくニスモと共同で)マシンを製作し90年シーズンに投入。91年からはニスモでコンプリートカーの製作と部品の市販によりカスタマーへの提供が開始されたという流れになっている。ではこの車はどうなのかと照らし合わせてみると、普通のGr.Aではないことが分かるのである。




追浜工場で製作されたテストカーの1号車と2号車。両者はミラー形状と牽引フックの位置に違いがある。また給油口がリアフェンダーに備わっているのも後のGr.A仕様と全く異なる。1号車(銀/紺)のホイールは後のGr.Aとは微妙に異なる。2号車(リーボック風)は90年カルソニックと同じメッシュである。製作時期は実際の市販車と同じ形態を製作する「工場試作車」と言われるものと平行していたらしい。中でもまだ車体番号の打刻が無く、テストで問題点を洗い出して最後は解体する、一次試作車とされるものと同じようだ。日産のHPにある写真を見ると、この2台に車体番号はないことが分かる。試作車のラインからモノコックを抜き取って製作したのだろう。外観的特徴の1・3・4を見ると、追浜工場で製作されたGr.Aテストカーと見事に特徴が一致する。ではこの車は追浜工場製なのか?
個人的には違うと思っている。確かにフックとホイールは1号車と瓜二つだが、2が異なっている。




6.は重要な特徴である。Gr.Aのホモロゲーションを取得したロールケージは2種類あり、実際に使用されたのは1種類のみであった。だがこの車のロールケージは実戦で使われたものと微妙に異なっている。車体右側Bピラー付近から2本のパイプが床に向かって延びるのがGr.A仕様だが、この車はそれに加えて左側のBピラーからも1本が延びて手前の1本と交差して溶接されて右の床に向かっている。通常のタイプより強度がありそうだ。





90年の雑誌を漁っていた所、呆気なくこの車の正体が判明した。ニスモの広告である。6本スポークのホイールを履く市販型もいわくがありそうなのだがここでは割愛。カルソニックカラーのGr.Aだが、よく見ればフックとボンネットピン位置やロールバーが同一である。




同じく90年の雑誌記事。90年デビューとあることから、シーズン開幕前には既にカルソニックカラーに塗られていたようだ。リアフェンダーに注目してもらいたいのだが、給油口が追浜テストカーと同様に存在している。キルスイッチ周りは円形に凹んでいた追浜テストカーとは異なる。




現車をよく確認すると、リアフェンダーには給油口を埋めた痕跡がある。

またこちらのブログにて掲載されているゼクセルスカイラインが、このショーカーである事も判明した。

http://minkara.carview.co.jp/userid/698817/blog/34937745/

ロールバーがクロスする形態のGr.Aはこのテストカーだけのはずである。ボンネットピンの位置も一致する。この車は90年はカルソニックカラーだった後、92年はスパ24H参戦車のショーカーにされてしまったらしい。91年にスパで優勝した個体は92年も参戦したのだが、レース中の火災によって喪失してしまった。車が無い事からショーカーを塗り替えて仕立て、同時にドアミラーの交換や給油口の埋め込みも行ったと思われる。ずいぶんと手の込んだ改造である。その後いつからかは不明だが、再びカルソニックカラーに戻されたようだ。ただし復元は完全ではなく、ミラーは市販型のままになっている。




ではこの車の製作時期はいつなのだろうか? 車体的な特徴と90年当時の仕様から考えると、追浜でテストカーが製作されていた時期と近いのではないだろうか。追浜製テストカーは3台存在するが3号車はニスモ製コンプリートカーと全く同一の形態であり、1号車2号車とは異なっている。リアフェンダーに給油口がある点と、フロントの牽引フックの位置、ミラー形状からすると1号車と2号車の中間のような形態をしていることから、2台の間なのではないだろうかと自分は推測した。
ここで種の一つを明かしてしまうのだが、このカルソニックカラーの車の車体番号はBNR32-00003X(末尾一桁不明)というひじょうに若い番号を持っている。BNR32の車体番号は000051が市販1号車ということになっており、それ以前の50台は生産ラインを動かして実際に市販車と同じ車を作る工場試作車の最後の部分、二次試作車とされる分類になる。つまりこの車は車体番号はあるのだが、一般には販売されない車なのである。とはいえ一応の出自は市販型ということがわかる。
他にこれまでの考察以外に気になる点を画像で見ていく。




リアウィンドウにワイパーが無い。Gr.Aではこれが標準であるが、市販型でこの仕様はGT-RニスモとGT-R N1のみのはずである。ニスモが販売される前の工場試作車がニスモと同一の仕様を持っている点は興味深い。リアパーセルシェルフにはモケットが貼られる、丁寧な処理がなされている。これは初期の追浜テストカー以外では見られない。レースで使われたGr.A仕様では鉄板むき出しだった。




インパネ周りは個体差があるGr.A仕様なので具体的な違いはわからないが、センターコンソールに市販型のエアコン操作パネルが残っている点が特徴。もしGT-Rニスモがベースならエアコンはオプション装備になるので装備されないはず。三連メーターは置き換えられておりVDS製の油温計が左に装備、右側は不鮮明で判別不能だった。ワイパーのダイヤル右横には標準車ではリアワイパースイッチが備わるが、ニスモと同じくこの車はスイッチが無い。ただしGr.Aではオミットされるウォッシャーボタンはそのまま残されている。ステアリングはR31スカイラインのGr.Aが装備していたニスモ製と同じようだ。





メーターは大径のタコメーターが備わり市販型とは異なる。左にはニスモの油圧計、右にはブースト計が取り付けられている。一番右側は水温計と思われる。デジタル時計は蓋がされて右側に何らかの赤いスイッチが追加されている。





シフトブーツも市販型のものが残されているが、シフトノブはインパル製に交換されている。ECUはGr.A仕様はREINIK(日産工機)のステッカーが貼られるようだが、この車には無い。また「Gr.Aテストカー」と表示が貼られている。オーナーいわく「試作のエンジンが載っている」。何の試作なのかまでは聞けなかったが、日産工機が製作したものではないらしい。ドアトリムにはGr.A仕様は手回しのレギュレータが後付けで装備されるが、この車には無い。つまりパワーウィンドウのままということだ。




キルスイッチらしきものがエアコン吹き出し口に装備されているが、市販車のキーシリンダーも残されている。ラジオのチューニングボタンも残されているなど、ダッシュボード自体は市販型にかなり近い。




5本スポークのホイールは追浜1号車が主に履いていた物と同形状である。テストカーが所在不明な現状では、唯一ディティールを知ることができる貴重な品だ。後のGr.A仕様の標準的なホイールとはリベットやスポーク形状などが異なる。




トランク下にはオイルクーラーが4連装で備わる。他のGr.Aも似たような形態らしいが、標準仕様が不明確なのでどこが具体的にどう違うかまではわからなかった。またこの色を見ての通り、元の色は白である。モノコックから製作した本物のカルソニック・スカイラインは床も全て青で塗られる。




耐久用のテストカーという話も聞いたが、具体的にどんな内容のテストカーなのかはわからなかった。だがこの車が普通ではない生い立ちをしていることは間違いない。


と、結論に至ったと思ったら偶然にも最終的な回答を発見してしまった。レーシングオンアーカイブスVol.6「レーシング・スカイライン」のP66及びP132に載っていたGr.Aテストカーがそれである。




89年の撮影かつ白一色で一見すると追浜製3号車か、あるいはデリバリー前のニスモ製コンプリートカーのような雰囲気にも思えるが、よく見るとヘッドライトはプロジェクターランプでない、いわゆる角目と呼ばれる下位グレードが装備するタイプである。BNR32でこれを装備していたのは競技ベース車のGT-R N1のみだが、89年にこの仕様は存在していない。他にもバンパー左右のインテークは加工されてスリットが増えている点も独特だ。リアフェンダーには給油口があり、フロントフェンダーのキルスイッチ周りのディティールも追浜製2号車までと共通の仕様になっている。ホイールも追浜1号車と同様の、初期の5本スポークタイプ。車内に目を向ければ、ロールバーは手前のパイプがX字にクロスして溶接される独自の仕様である。これは現存する本記事の車と特徴が一致する。

この車の正体は何なのだろうか。レーシングオンの記事を見るに、89年から耐久レースをターゲットに製作されてテストが行われていたというように取れる。実際スパ用のテストカーも製作されているが、その車はGr.A仕様のカタログにも使われた赤い車であった。ただしよく見てみると、赤いテストカーもヘッドライトは角目が装備されている。91年シーズン用にニスモが製作したGr.A仕様のタイサンGT-RもHKS GT-Rも、ヘッドライトはプロジェクタータイプであった。夜間走行に備えて暗いプロジェクターから少しでも明るい角目に変更したようにも思える(結局スパ24Hを走ったGr.Aはプロジェクタータイプであったが)。他にも気になる点はある。追浜製テストカーに似た車体のこの車だが、追浜テストカーでは貼られていなかったニスモのステッカーがリアスポイラーに貼られている。またGT-Rニスモのエアロパーツは、バンパーのインテークのみである。
ここからは推測になるが、この車は元々、GT-Rニスモの仕様を検証するために製作された工場試作車なのではないだろうか。標準車でありながらリアワイパーがないのはおかしい上、ニスモでは省略されたエアコンが装備されたままになっている。この試作車を様々なGr.Aのパーツを評価するためにニスモで改修し、さらにそれを耐久レースのテストカーに転用したのではないだろうか。当初は追浜で製作されたGr.A仕様だが、マシンの製作や部品を販売するニスモ側でもマシン製作のノウハウは必要になるはずだし、実際に90年のカルソニックとリーボックのマシンは各チームとニスモが共同で製作したようだ。実戦用マシンの習作として、追浜1号車の仕様を参考にニスモで1台Gr.Aを製作してパーツのテストを行ったと自分は推測する。ロールバーはGr.Aの公認部品と形状が似ているがパイプが1本多く、実戦では使われていない。
GT-Rニスモのエアロパーツが装備されていない点も不可思議だ。バンパー左右のエアダクトも、GT-Rニスモ用に検討されていたものなのかもしれない。Gr.Aの仕様決定でこの車も不要になり(ホモロゲ部品でないロールケージではレースに出場することはできないはず)、バンパーやライトを市販タイプに交換して、ニスモ用のエアロパーツを装着してカルソニックスカイラインのショーカーに仕立てたのではないだろうか。ニスモの広告に出ていたのも、そもそもこの車がホシノレーシングのカルソニック・スカイラインではなく、ニスモが所有していたからだと思われる。




追浜1号車と同じフック位置のバンパーはもしかしたら、追浜1号車の部品そのものなのかもしれない。追浜製テストカーの所在は現在不明である(1号車ボンネットのみイベントで販売された)……。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/21(木) 00:26:44|
  2. その他マシン
  3. | コメント:3

モーターファンフェスタ2017



相変わらずイベントの報告ばかりですいません。
モーターファンフェスタ2017です。2016年はラルースLC92やシルビアターボC、キャスピタなどいましたが今回は公式サイトの紹介を見たところ目ぼしいレーシングカーはF310のハイノーズ仕様のみ。これも鈴鹿SoEで見たから参加しなくていいかと思っているとサイト更新。しかし発表されたのはマツダ787Bでした。これもマツダのイベントで001と002を見た上に003も以前見たので意欲は沸かず。今回はスルーだなとスケジュールを立ててイベント3日前、となったところで公式サイトが爆弾を投下してくれたわけです。







トムス85C-L/85C-01

暖気した際にコクピットを撮る事ができました。レーシングオンにも載っていましたが、4T-GTではなく3S-Gを搭載したテストカーだったんですね。撮っていた時はわかりませんでした。トランポにはかなりギリギリで詰め込まれていました。





マツダ787B-003

今回も元気に火を噴いていました。






トヨタTS020-LM804?

今回車内の撮影をすることができ、車検証が残っていることを確認。本物の99年3号車と思われます。






フェラーリF310/647N 169

コーンズ所有のF310後期型。今回シャシーナンバーがわかりました。サプライズで小さい子供限定の登場イベントをやっており、こちらも賑わっていました。






ジョーダン191/002

開催3日前くらいになって突然展示が告知されたジョーダン191。三栄の191本に載った個体で、レーシングパレスにいた車とは別のものです。ということは日本に191は3台いるのか?? グリッドウォークもピットの展示も今回一番人気で人だかりができていました。そうそう拝む機会の無い車ですからこれを逃すと次は無いと思い、当初の予定を曲げてこれを見に行くことにしたBou_CKであった。
ミハエルが乗ったという証明書があるようですがおそらくヅラハゲが高く売るためにでっち上げたヒストリーと思われます(当時は主にスペアカーだった模様)。





ローラB351/HU04

フォーミュラニッポンの車2台の内の1台。





スウィフトFN09/n.017-0020





マナティーMk4/406

80年代末に筑波などを走っていたマシンのようですが、詳しくは知りません。小さいが意外とかっこよく、音はかなり暴力的でした(13Bロータリーを積んでいた)。モノコックは70年代的でした。




ランチアラリー037

本物のラリーカーだそうで。ナンバー取って普通に公道を走れるようですが…。




シトロエンBX 4TC

見た目も強烈でしたが、テントの下に戻ってきてハイドロサスから油圧が抜けてペタンコになったのを見た瞬間変な声がでてしまった笑




’90カルソニックスカイライン

疑惑の車。公式サイトでは日産ヘリテージの90レプリカの写真だったのですが……そういえばこのイベント、日産は協賛になかったのでヘリテージの車ではない。当日見つけて一番驚いたのがこのR32でした。詳細は別項にて。
  1. 2017/08/01(火) 23:18:03|
  2. イベント
  3. | コメント:2

富士ワンダーランドフェス(クローズドプロトタイプ編)


スポーツプロトタイプ中心に。Cカーはデモランの雰囲気がとてもよかったですね。





いすゞ・ベレットR6クーペ

スパイダーだけでなくクーペもいました。抑揚のあるデザインが面白い。





ポルシェ910

私はポルシェには詳しくないのであまりコメントできません。





日産シルビアターボC/83G-5

近頃よく見かけるマーチのCカー。一度シャシーナンバーのプレートを撮りたいのですがなかなか難しいですね。





MCSグッピー

グッピーくんSoEの時もそうでしたがエンジンの調子があまりよくなさそうでした。





トムス85C-L/85C-01

現役時代以後では国内初走行だったでしょうか?
以前はヨーロッパにいた個体ですが、日本人がオーナーになって国内に帰ってきたようです。今回のイベントの目的の一つでしたがかっこいいですね。実車を見た感想は意外と小さい車でした。4T-GT積んでて実動というのは恐れ入ります。





ポルシェ962C/962-164

今度はナンバー撮れました。






マツダ787B/787B-001

マツダのイベントで次はいつ見られることやらと思っていたらすぐ見られたという。まあこの次がいつかはわからないですけど笑






マツダ787B/787B-003

しかしまあ、787Bってしょっちゅうイベントで走ってますよね。実にありがたいことです。





トヨタTS010/TS010-004

カシオカラーの車が駆動系を壊したためか、もっぱらイベントに借り出されるのは004です。







サードMC8R

公式サイトでの告知は全く無く、搬入当日にツイッターで画像が上げられて展示を知らされた、まさかのMC8R。ただしルマンを走った34号車ではなく、モノコックは35号車(グレーかガンメタのような色の車)を塗り替えたもののようです。車内には当時の車検証が残っていました。キャビンはMR2をベースにしているのがよくわかり面白い車でした。





トヨタGT-One/TS020-LM804?

99年総合2位の車そのもののようです。後日車内の撮影に成功。





とにかく車が多くてデモランもあり駆け回っていたような1日でした。ツーリングカーなどは面倒なので割愛。富士スピードウェイ50周年の節目ということで開催されたイベントでしたが、今後も継続開催されるのでしょうか?
  1. 2017/07/01(土) 07:32:13|
  2. イベント
  3. | コメント:8

富士ワンダーランドフェス(オープンプロトタイプ編)



続いて日本グランプリ、GC等で走った屋根無しスポーツカーを。ちょうどF1マシンに張り付いていたのでデモランは見れませんでした。今思えば見ておけば良かったですね。





日産R382-14

アメリカで発見されて里帰りしてきた本物の21号車です。ナンバーはリアカウルの穴から確認できました。元は青いR382-15はこのナンバーが板で塞がれて見えないとか。





いすずベレットR6スパイダー

こんな車も来ていました。他の車と比べてかなり小さかったです。





シェブロンB19

詳しい来歴は不明。シェブロンのマシンは端正な感じでとても好きです。





マナ09

三村建治デザインのマシンでなかなかに面白いカタチをしていました。





マーチ74S

まさかのマーチ74S。生き残っていたんですねえ。





MCS-I

マーチに似てるんですがシングルシーター、低く構えたラインがとてもかっこよい。




MCS VI・マーチ842

そもそもGCカーを見る機会はそうそう無いと思うのですが、これだけ数が来ている上にMCS VIは2台もいました。




MCS VI・マーチ842

レイトンカラーのこちらはSoEにも来ていた個体。





MCS VII・マーチ86B

マッシブな感じでGr.Cカーに近づいてきた感じがします。黄色一色で出自もよくわかりませんが、元レーシングパレスの個体でしょうか?





ローラT88/40-HU02

レーシングオンに掲載後、モーターファンフェスタ2016にも展示されていたローラT88/40です。当時の関係者いわく、「F3000のT87/50ベースではなく、F3000レベルを超えたダウンフォースに耐えるようにF1用のモノコックやアップライト(つまりラルースLC87ことT87/30のそれ)を使用していて全くの別物」とのこと。実際にLC87とT87/50、T88/40の画像で検分したところ、サスアームやモノコックタブの下半分のアルミ部分はLC87準拠でした。この車F1ベースだったんですねえ…。2台作られた内の1台ですが。





ローラT88/40-HU01

まさかのTカー登場。最初にパドックでこの車を遠目に見ていたので、おーあの車外にいるのか、と思ってピットに突撃したらモーターファンフェスタにいたHU02がいてびっくり。その後パドックでじっくり観察しましたが走れなさそうな感じでした。ミズノのブースのスタッフに尋ねたところ「我々の持ち物ではなくどなたかオーナーさんが所有している。ここに置くのも今朝になって知らされた」とのこと笑





ローラT88/50

ネットで写真を見たことがありますが個人の所有だったと思います。ベースはT87/50でしょうか。






レイトンハウス・マーチ89GC/89B-01LM

レイトン時代の最終期GCですが、シャシーナンバーからするとF3000の89Bから仕立てた車のようです。さらにこの車はエンジンをモーターに換装されており、EV(!)仕様になっていました。初めて知りました。






レイトンハウス・マーチ89GC/89GC-01LM

さっき同じ車見たが気のせいかな??と思ってプレートを見たら違う車。どっちも89GCで01なので紛らわしいですが、手でプレートに罫書いたぐにゃぐにゃな文字が笑えます。





GC21・ダラーラF3

SoEでも展示されていた個体です。中身はこのようになっていました。





この写真を見ていただければ、いかにこのイベントがやばかったかが感じていただけると思います。GCマシンでこれだけ集まっているんですよ…。しかもMCS VI、T88/40、89GCは2台ずついるという。これでもまだイベントに来ていた車全てではないのです。
  1. 2017/06/06(火) 19:32:36|
  2. イベント
  3. | コメント:7

富士ワンダーランドフェス(80~00年代フォーミュラ編)



続いて80年代以降の日本選手権を中心に新しめのフォーミュラカーです。イベントでこれだけのフォーミュラカーが集まる機会はそうそう無いと思います。





マーチ842

BMW M12/7搭載のF2です。ランニングコンディションにありデモランに参加していました。シャシーナンバーは残念ながら不明。






マーチ86J/86J-11

驚くべきことにヤマハOX66を搭載し、さらにランニングコンディションにあるという素晴らしい車。OX66の実働車はこれ一台と思われます。





マーチ88B

無限MF308搭載、レイトンカラーという個体は今まで見たことありませんが、生き残っていたんですね。シャシーナンバーは不明です。






ローラT90/50-HU10

キャビンカラーが渋いT90/50。デモランではF3のラルトとつかず離れずで走っており、冒頭の写真にもあるようにオーナーのこだわりを感じました。





ラルトRT35

今回唯一の90年代F3でした。T90/50のオーナーが持っておられるようです。






ローラT97/51

Fポン初年度の車、残念ながらナンバーは隠れていて見えませんでした。






ローラB99/51-HU06

このカラーリングはオリジナルではないと聞いたような…間違いかもしれません。デモラン中にノーズ上のカバーが吹っ飛ぶというトラブルに見舞われていました笑





ローラB351-HU04

どうにも地味な感じでした。シャシーナンバーは後日確認したものです。





ローラFN06(B06/51)

時々メガウェブに展示されていたりする個体です。なのであまり撮っていません。メガウェブならシャシーナンバー見れたと思います。





ホンダRA106ショーカー

解説板とカラーリングはRA108ですが、形状からRA106とわかります。が、ボーダーウィングがアグリ仕様だったりと少し変。よく観察するとラジエターインテークやエンジンのエアインテークは塞がっており、ショーカーということがわかりました。






トヨタTF108-04

こちらは本物のTF108です。コクピット開口部付近に画像のようなプレートが貼られていますが、これは本来のシャシーナンバーのプレートではないようです。なぜこうなっているのかは不明。





スウィフト017.n 2008/020

85C-Lのオーナーさんが持っている模様。シャシーナンバーはシート後ろのリアバルクヘッド部分に貼られており、プロテクターやシートがあると写真に撮れない事が判明。ナンバーは後日確認したものです。





正直ここまで多数のマシンが集まるとは思っていませんでした。
  1. 2017/05/16(火) 23:40:22|
  2. イベント
  3. | コメント:5
次のページ

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (14)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (11)
未分類 (6)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる