FC2ブログ

誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BRM P160E(その1)


73年も引き続きマールボロの支援を得たブリティッシュ・レーシング・モータース。この年はマシンの安全性を高めるべく第4戦スペインGPから衝撃吸収構造をマシンに取り付けることが義務付けられたが、BRMは全くのニューマシンを開発していたわけではなかったため、72年シーズンに使用していたP160Cに手を加えたマシンを投入することとした。



レース・オブ・チャンピオンズで投入されたのがP160Eである。デザインはP160Dと同じく、チーフデザイナーのマイク・ピルビームが手がけた。基本的にはシーズン開幕から使用されていたP160Dと同じマシンであるが、最大の特徴はクラッシャブルストラクチャをモノコック側面に装備したことである。



これによりP160シリーズで特徴的だったモノコック側面のラインは変わっており、断面が丸かったP160Dまでと異なり、端部が垂直なラインを描いているのがわかる。傾斜も直線的になっており、曲線的だったP160Dとは区別しやすい。改修により車重は580kgに増加した。それ以外にはP160Dと変わらず、スポーツカーノーズとモノコック後部に装備されるオイルクーラーという形態は変化無い。



エンジンは引き続き、出力およそ450HPのBRM P142 Mk3を搭載した。ギアボックスもBRM P161を装備した。
ドライバーも開幕戦から引き続き、ジャン-ピエール・ベルトワーズとクレイ・レガッツォーニ、そしてニキ・ラウダの3名である。スポンサーは引き続きマールボロがメインスポンサーとなるが、STPが新たについた。エントラント名はマールボロBRM。



非選手権戦のレース・オブ・チャンピオンズ。選手権戦の規定が適用されていたわけではなかったが、チームは新型P160Eを1台送り込んだ。この車の使用権はエースのベルトワーズにあり、他の二人は従来と同じP160Dだった。ベルトワーズは予選でポールポジションを獲得したが、レースでは順位を落として6位で完走に留まる。



同じく非選手権戦のインターナショナル・トロフィー。追加で改造されたP160E-05と新造された07が投入され、それぞれヴァーン・シュパンとレガッツォーニが使用した。ベルトワーズはレースを欠場し、ラウダはP160Dを使用している。予選はレガッツォーニが8位、シュパンが16位。レースはレガッツォーニが3位表彰台を得て、シュパンは9位で完走に終わった。



ヨーロッパラウンドの開幕となる第4戦スペインGP。予選はレガッツォーニ8位、ベルトワーズ10位、ラウダ11位と中団に位置する。レースは28週目にラウダのマシンのホイールが外れリタイヤ。レガッツォーニは9位に順位を落としたが、ベルトワーズが5位に入り2点を獲得。



第5戦ベルギーGPで新車のP160E-08が投入されラウダに与えられた。予選はベルトワーズが5番手に食い込んだが、レガッツォーニは12位、ラウダ14位と2人は中団に沈んでいた。レースはベルトワーズが56週目にエンジントラブルでリタイヤ。レガッツォーニは63週目にクラッシュして10位完走扱い。一人完走したラウダが5位に順位を上げ、自身初のポイント獲得。



第6戦モナコGP。予選8番手からスタートしたレガッツォーニは15週目にブレーキトラブルで早々にリタイヤ。驚いたことにBRM勢で予選最速だったのはラウダだったが、レースは24週目にギアボックスが壊れリタイヤ。前年モナコウィナーのベルトワーズは予選8位からスタートしたが、39週目にクラッシュしてリタイヤしBRM勢全滅。



第7戦スウェーデンGPでもBRMは相変わらず中団にいた。予選はベルトワーズ9位、レガッツォーニ12位、ラウダが15位。レースもぱっとせず、57週目にベルトワーズがエンジントラブルでリタイヤ。レガッツォーニは9位まで順位を上げたが3週遅れ、ラウダは5週遅れの13位でレースを終えた。



第8戦フランスGP。予選はレガッツォーニ9位、ベルトワーズ15位、ラウダ17位と中団から後方に沈む。レースもラウダが9位まで順位を上げたのが精一杯で、ベルトワーズは11位、レガッツォーニ12位に留まる。



チームの地元である第9戦イギリスGPではニューシャシーのP160E-09がレガッツォーニに与えられた。予選は相変わらず中団に沈んでおり、ラウダ9位、レガッツォーニ10位、ベルトワーズ17位であった。レースではオープニングラップの多重クラッシュでベルトワーズがリタイヤ。彼の使用していたP160E-01は71年の開幕戦以来改修を重ねてきた最古参だったが、これでレースを退いた。再スタート後のレースでラウダは順位を落とし17位完走、レガッツォーニはポイント獲得に及ばず7位であった。





第10戦オランダGP。ベルトワーズが9位、ラウダ11位、レガッツォーニ12位と予選は相変わらずの位置である。レースはラウダが52週目に燃料ポンプの故障でリタイヤしたが、ベルトワーズが5位に入賞し久々のポイント獲得。レガッツォーニは8位でレースを終えた。レガッツォーニ車のみ幅の狭い新型インダクションポッドを投入したようだ。



第11戦ドイツGP。予選はラウダが他の二人を差し置いて5番手獲得。ベルトワーズ9位、レガッツォーニ10位とまずまずの位置だった。だがレースは1週したところでラウダがクラッシュしリタイヤ、手首を負傷してしまった。ベルトワーズも4週目にギアボックスが壊れ、レガッツォーニも7週目にエンジントラブルでBRM全滅。



第12戦オーストリアGP。73年はマールボロが費用を負担したのか、BRMやイソ・マールボロのオンボード映像が撮影されている。ドイツGPで負傷したラウダは地元GPを残念ながら欠場。13番手と14番手に並んだベルトワーズとレガッツォーニは、それぞれ5位と6位に入賞しポイントを獲得。



第13戦イタリアGPも中団に沈む。予選はベルトワーズ13位、ラウダ15位、レガッツォーニ18位だった。レースはレガッツォーニが30週目に点火系のトラブルでリタイヤ。33週目にラウダがクラッシュして卸したてのP160E-10を壊した。ベルトワーズがどうにか13位をキープして完走に留まる。



第14戦カナダGPをレガッツォーニは欠場したため、チームは代わりにピーター・ゲシンを起用した。予選はラウダが8位に食い込んだ以外は低調で、ベルトワーズが16位、ゲシン25位に沈む。レースでは5週目にオイルポンプが壊れゲシンがリタイヤ。62週目にラウダもギアボックスのトラブルで消えた。唯一ベルトワーズが4位で入賞できたが、2秒差で表彰台には届かず。



最終戦アメリカGP。ベルトワーズは14番手からスタートして9位、レガッツォーニは15番手スタートで8位、21番手からスタートしたラウダは35週目に燃料ポンプが壊れリタイヤと見るべき結果は無かった。





73年はベルトワーズに加えて新規加入のレガッツォーニが流石の走りを見せたが、意外だったのは前年マーチで燻っていたラウダであった。彼は資金を持ち込む約束をして加入したが、結局それは果たされなかった。本来なら契約に背いた形で解雇されそうなものだが、しばしば他のドライバーより速く、マシンのセットアップも的確にこなしたことから、マネージャーのルイス・スタンレーはラウダの成績を認める形で彼にシートを与えた。翌年もラウダがBRMで走ることを決めていたスタンレーだったが、レガッツォーニがフェラーリに呼び戻されたのと同時にラウダが引き抜かれてしまったため、その目論見は崩れた。BRMは再びドライバーを探さなければならなくなってしまうのである。
ドライバーは実力に優れた3人を揃えていた73年のBRMだったが、完走率も低く他チームより劣るマシンでは、ポイント獲得がせいぜいであった。結局73年は表彰台も獲得することができず、コンストラクターズランキングは12点を得て7位でシーズンを終えた。



予選最高位は第5戦ベルギーGPでのベルトワーズと、第11戦ドイツGPのラウダによる5位だった。決勝最高位は第14戦カナダGPでの4位で、ベルトワーズによりものだった。さらにチームに追い討ちをかけるように、メインスポンサーのマールボロが契約を終了することを決める。

その2に続く
スポンサーサイト
  1. 2014/07/20(日) 19:09:38|
  2. F1マシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BRM P160E(その2) | ホーム | BRM P160D>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bouck.blog.fc2.com/tb.php/25-a0351246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。