FC2ブログ

誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BRM P160D


72年は新たにマールボロという大口スポンサーを得たブリティッシュ・レーシング・モータースであったが、マシンの開発に失敗したためその成績はいまひとつ伸びなかった。73年シーズンも引き続きマールボロの支援を得ることができたが、チーフデザイナーのトニー・サウスゲートがチームを離脱するなどあまり好ましい状況ではないと言えた。また73年は規定が改定され、新たにマシンの側面に衝撃吸収構造を取り付けることが決められ、これはヨーロッパラウンドに入ってからの施行となった。



73年シーズン、ひとまずは開幕からの数戦を戦うために用意されたのがP160Dである。デザインは離脱したサウスゲートの後任として、新たにチーフデザイナーに就任したマイク・ピルビームが手がけた。基本的には前年に投入したP160Cの空力面に手を加えたマシンである。P160Cまではノーズ先端がクサビ形をしたウィングノーズであったが、ピルビームはこれをスポーツカーノーズへ修正した。ノーズのデザインは71年に翼端板を大型化した試作ノーズにカバーをかぶせたような形をしている。オイルクーラーはP160Cと同じくモノコック後端にありフェアリングで覆われるが、形状は外側に拡大された。リアウィングは翼端板の面積を拡大している。だがそれ以外にはP160Cとほぼ変わっておらず、メカニカルな面はP160Cと同じだった。
エンジンはP160Cと変わらず、前年に投入したショートストローク型のBRM P142 Mk3を搭載する。ギアボックスも同様にBRM P161である。



チーム体制は変化があり、前年に組織されたBチームはヘルムート・マルコの負傷による離脱でなし崩しに消滅し、本隊のみの3カー体制に減少した。ドライバーはジャン-ピエール・ベルトワーズが残留したが、ピーター・ゲシンは契約を更新せずチームを離脱した。新たに加わったのは前年にフェラーリを離脱したクレイ・レガッツォーニであったが、彼はマールボロのおかげでかなりの好待遇だったようである。残った1つのシートはハウデン・ガンレイが得る流れであったが、資金難のマーチを解雇されたニキ・ラウダが資金を持ち込む条件で売り込みをかけてきた。チームマネージャーのルイス・スタンレーはこれを受けてガンレイではなくラウダを乗せることにした。エントラント名はマールボロBRM。



開幕戦アルゼンチンGP。サードドライバーのラウダのみはP160Cを与えられていたが、ベルトワーズとレガッツォーニはP160Dで挑む。予選はまさかのポールポジションをレガッツォーニが得て、フェラーリドライバーの実力を見せ付けた。ベルトワーズも7番手とまずまずの位置だった。だがレースは残念ながら79週目にベルトワーズがエンジントラブルでリタイヤ。レガッツォーニも順位を落としてしまい、7位で完走に終わった。オイルクーラーのカウル上にはレースのスポンサーであったYPFのロゴが貼られている。



第2戦ブラジルGPでもレガッツォーニの走りが光る。予選で4位を獲得した彼は順位を落としたが6位でフィニッシュしシーズン初のポイント獲得。ベルトワーズは予選10位からスタートしたが、電気系統のトラブルで23週目にリタイヤ。



第3戦南アフリカGPでようやくラウダにもP160Dが回ってきた。予選はレガッツォーニ5位、ベルトワーズ7位、ラウダ10位と続く。レースでは2週目にレガッツォーニがクラッシュしたが、そこでマシンが炎上した。危うくマシンとともに焼け死ぬところだったレガッツォーニだったが、マイク・ヘイルウッドが危険を顧みずレガッツォーニをマシンから引き出したことで事なきを得た。すぐ後の4週目にはベルトワーズのクラッチが壊れリタイヤ。ラウダも26週目にエンジントラブルでレースを終え、BRM勢全滅に終わる。





非選手権戦のレース・オブ・チャンピオンズ。新規定に対応したP160Eが1台だけ持ち込まれたが、これはベルトワーズが使用した。レガッツォーニは欠場したため、チームはスポットでヴァーン・シュパンを起用している。予選はラウダ2位、シュパン3位だったが、レースではそれぞれ電気系統とクラッシュでリタイヤに終わった。



非選手権戦のインターナショナル・トロフィー。ここでも追加で製作されたP160Eが2台投入されたが、なぜかラウダだけはP160Dだった。P160Eはレガッツォーニとシュパンが使用しているが、何となくチーム内での扱いが見えているような気がする。ラウダは予選9位からスタートし5位で完走。このレースがP160D最後のレースだった。



P160Dはあくまで繋ぎのマシンで、その実情はほとんどP160Bと変わらないものだった。だが新加入のレガッツォーニが予選で好位置につけるなど、期待の持てそうなシーズンになりそうだった。開幕戦アルゼンチンGPでポールポジションを獲得、決勝最高位は第2戦ブラジルGPでの6位で、いずれもレガッツォーニによるものだった。以後のレースでBRMは新規定に対応したP160Eで戦っていくこととなる。



P160Dは4台がP160Cから改修された。
P160D-01はP160C-01から改修され、開幕戦アルゼンチンGPでレガッツォーニ車として投入された。第3戦南アフリカGPからインターナショナル・トロフィーまでラウダ車となっている。その後P160Eへ改修された。
P160D-03はP160C-03から改修され、開幕戦アルゼンチンGPと第2戦南アフリカGPでベルトワーズ車だった。その後P160Eへ改修された。
P160D-04はP160C-04から改修され、第3戦南アフリカGPでレガッツォーニ車として投入された。そのレースで大破し廃棄されたと思われる。
P160D-05はP160C-05から改修され、第3戦南アフリカGPでラウダ車として投入された。レース・オブ・チャンピオンズではシュパンが使用している。その後P160Eへ改修された。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/07(月) 00:48:13|
  2. F1マシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BRM P160E(その1) | ホーム | BRM P160C>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bouck.blog.fc2.com/tb.php/26-9371432d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。