FC2ブログ

誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルノーRE30C

82年はやはり信頼性の面から多くの得点を逃したルノー・スポール。さらにドライバーの確執も起こり、合計4勝を得たものの、チームが思うような成績を挙げることはできなかった。RE30Bは性能の面では申し分ないマシンであったが、相次ぐ事故に直面したFISAはウィングカーを締め出す方針を性急に決め、83年シーズンからのフラットボトム規定を言い渡したのである。これによりルノーは83年のマシンをフラットボトムで設計しなければならなかったのだが、開発中のニューマシンであるRE40の投入を少し遅らせて、開幕からの数戦はRE30Bを改造した間に合わせのマシンで戦うこととした。



83年用に開発されたのがRE30Cである。空力面はマルセル・ユベールに替わって昇格した、ジャン-クロード・ミジョーが担当した。とはいえ前述のように本命のマシンはRE40であり、RE30Cは単純にRE30Bをフラットボトム化しただけの暫定マシンに過ぎなかった。前後のウィングはおそらくRE40用で、RE30Bに比べてエレメントの面積を拡大している。



エンジンは83年シーズン用に開発されたルノーEF1を搭載する。エンジンを含めたリアセクションは新車のRE40用に開発されていたものを先行して装備した。ターボチャージャーは引き続きKKK製を装備する。過給圧は3バールまで引き上げられており、およそ640HPを発揮した。画像のようにサイドポンツーン内にはターボチャージャーやインタークーラーなどエンジンの補機が所狭しと並べられており、このレイアウトを踏襲した場合はデザイン的な自由度にかなり制約があることが伺える。



ドライバーは前年終盤にアルネ・アルヌーの離脱が決定し、アラン・プロストがエースドライバーとなった。セカンドには前年リジェから出走したアメリカ人のエディ・チーバーが移籍してきた。ルノーはアメリカン・モータース:AMCを吸収し北米への販売戦略を強化していた時期であり、セカンドドライバーにアメリカ人を選ぶのもそうおかしな選択ではないと考えられる。83年にはAMCがルノーからOEM供給を受け、新車アライアンスの販売を開始することになっていた。画像は開幕前のリオデジャネイロでのテストだが、この時点ではチーバーが15号車でプロストが16号車だった。
スポンサーは変わらずエルフがつき、フランス国営企業のF1チームに対して強い支援を行っていた。エントラント名はエキップ・ルノー・エルフ。



82年のシーズン終了後、フラットボトムのテストは主にRE35BとRE36Bを使用して行われた。この時点では82年仕様のエンジンを積んでいたようで、後のRE30Cとは若干異なっている。フロントウィングを立てているが小型でダウンフォースが不足していた。リアウィングもRE30Bと同型だが、かなり前傾させてダウンフォースを稼ごうとしている。



リアアクスル周りもフラットボトム規定に合致させつつ、フラウンドエフェクトを可能な限り得られるようにフロアパネルを跳ね上げている。この車は厳密にはRE30Cとは言えないのだが、ここで取り上げることとする。テストには80年フランスF3チャンピオンでF2に参戦していたアラン・フェルテも参加している。



開幕戦ブラジルGP。既に開幕前のリオデジャネイロ合同テストにはRE40がデビューしていたが、ルノーはRE30Cを3台投入するに留まった。予選はプロストがフロントローの2番手、チーバーは8位だった。レースは41週目にターボチャージャーのトラブルでチーバーがリタイヤ。プロストは順位を落として7位でレースを終える。



第2戦アメリカ西GPでプロストにRE40が与えられた。レースカーの00とともに2台目のシャシーとなるRE40-01も完成して持ち込まれていたが、これはプロストに使用権があるスペアカーだった。このためチーバーは引き続きRE41Cを使用している。チーバーにはRE42Cもスペアカーとして用意され、チームは合計4台のマシンを持ち込んでいた。市街地コースということもあってかチーバーは予選15位に沈んでしまい、レースも終盤の67週目にギアボックスが壊れストップ。13位完走扱いでレースを終えた。




既に完成したRE40がロングビーチで投入されており、アウェイでのレースを終えたことでRE30Cは役目を果たした。ヨーロッパラウンドからは完全にニューマシンに切り替え、ルノーはチャンピオン獲得を目指すのである。RE30Cでの最高位はブラジルGPでの予選2位、決勝7位で、プロストによるものだった。



RE30Cは1台がRE30Bから改修され、2台が新造された。
RE40CはRE40Bから改修され、開幕戦ブラジルGPでスペアカーとして投入された。
RE41Cは開幕戦ブラジルGPで投入され、第2戦アメリカ西GPまでチーバー車だった。
RE42Cは開幕戦ブラジルGPでプロスト車として投入された。第2戦アメリカ西GPはチーバーのスペアカーとされている。

15/11/15 修正
スポンサーサイト
  1. 2015/09/21(月) 15:48:07|
  2. F1マシン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ルノーRE40 | ホーム | ルノーRE30B>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bouck.blog.fc2.com/tb.php/4-5b9b8065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。