誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルノーRE60

Renault RE60_0

84年はRE50を投入しながらも、ついに未勝利に終わったルノー・スポール。アラン・プロストが抜けた穴は大きく、勝利すら得られずに終わったのはチームの大きな誤算だった。またF1参戦時からルノー・スポールを率いてきたジェラール・ラルースであったが、84年シーズンの低迷の責任を取る形でルノー・スポールを退職して去った。彼はすぐにライバルチームであるエキップ・リジェへと移籍している。ラルースの後任にはジェラール・トートが就任したが、彼はコネで迎え入れられた上に、ラルースほどの専門家ではなかった。チーム体制に変化がある中、85年シーズン用に開発されたのがRE60である。


Renault RE60

RE60のデザインは前作RE50に引き続きベルナール・デュド指揮の下、ミシェル・テツが車体デザインを、ジャン-クロード・ミジョーが空力面を担当した。ただしテツがシーズン開幕前に離脱してしまったため、開発はテツの下でデザインを担当していたジャン-マルク・ダーダが引き継ぐことになった。RE60の全体的なラインはRE50を踏襲するがホイールベースは延長されており、フロントサスペンションはプルロッド式からプッシュロッド式に変更された。またサイドポンツーンの排熱だが、アウトレットを上面に設けていたRE50に対して、RE60ではポンツーン側面にアウトレットを開口する処理となっている。ただし重量は重く、開幕前の段階では600kg近くもあった。


Renault RE60_2

エンジンは前年のEF4に替わり、新設計のV6ツインターボであるルノーEF15を搭載した。このエンジンの特徴はストレスマウントとしたことで、ヘッドカバーにはフォード・コスワースDFVのように接続用のブラケットが取り付けられる。またそれまでのヘッドカバーにはルノー・ゴルディーニのロゴが飾られていたが、このEF15はルノー・スポールの文字と共に、ルノーダイヤモンドが大きく描かれた。ギャレット製ターボチャージャーを引き続き採用し、3.5バールの過給圧から750HPの出力を発揮する。また予選用エンジンには前年使用したルノーEF4を改良し、新たに電子制御燃料噴射と点火システムを採用したEF4Bと呼ばれる専用モデルを投入した。こちらは4.5バールまで過給圧を高められており、その出力は900HP以上を発揮していたようである。


Renault RE60_3

ドライバーは前年に引き続き、パトリック・タンベイとデレック・ワーウィックのコンビとなる。スポンサーもエルフが継続してついた。エントラント名はエキップ・ルノー・エルフ。カーナンバーはデジタル数字風の書体になっているのが特徴的である。識別色はタンベイが赤、ワーウィックが青となる。


Renault RE60_4

開幕戦ブラジルGP。予選はワーウィックが10位、タンベイ11位と中団に沈む。ワーウィックは順位を落として10位でレースを終えたが、位置を上げたタンベイは5位に入賞、どうにかポイントを持ち帰ることができた。


Renault RE60_5
Renault RE60_6
Renault RE60_7

第2戦ポルトガルGPの予選はワーウィックが6位に食い込んだが、タンベイは12位に沈む。雨のレースでタンベイは巻き返し、3位表彰台を得た。一方のワーウィックは順位を落とし、ポイント獲得に一歩届かず7位でレースを終える。カーナンバーはノーズコーンに描かれるが、これはレースカーになったRE60-04だけだったようだ。本来はスペアカーだったのかもしれない。ワーウィックの03とスペアカーらしき02はフロントウィングの右側に描かれている。


Renault RE60_8

第3戦サンマリノGPも予選は冴えず、ワーウィックが11位、タンベイ14位と中団にいた。レースはトップでフィニッシュしたマクラーレンのアラン・プロストが失格になったこともあり、追い上げを見せていたタンベイが3位を得る。ワーウィックは完走した中では最下位の10位であった。


Renault RE60_9
Renault RE60_10

第4戦モナコGPで軽量なラジエターやカウルが投入され、またEF15も6kg軽量化されて車重が570kgとなった。タンベイ用に持ち込まれた新車のRE60-05はモノコックも軽く、555kgまで軽量化されている。フロントサスも改良された05は好評だったので、その後他のRE60も同じサスに改修された。タンベイの05のみ、識別を容易にするためかノーズに赤が入れられ、フロントウィングも白に塗られている。やはり予選は中団に沈み、ワーウィックが10位だったがタンベイは後ろから数えたほうが早い17位という有様だった。レースはタンベイがオープニングラップのアクシデントでマシンを壊しリタイヤ。それでもワーウィックが5位で完走し2点を得る事ができた。


Renault RE60_11

第5戦はベルギーGPが開催される予定であったが、路面舗装が剥がれるトラブルからレースが延期されることが決まった。これにより第5戦はカナダGPとなる。カーナンバーの配置は識別し難かったらしく、このレースからカーナンバーが再び移動した。ただし場所は以前にルノーダイヤモンドがあった位置になっている。予選はワーウィックが6位を得たがタンベイは相変わらずの10位という位置で、RE60の戦闘力は向上が見られなかった。レースは25週目にワーウィックがアクシデントでリタイヤ。タンベイはレースを走りきったが7位に終わり、ポイント獲得には一歩届かなかった。


Renault RE60_12

第6戦アメリカGP。予選はワーウィックが6位、タンベイ15位と相変わらず苦しい。レースも15週目にタンベイがアクシデントでリタイヤに終わり、そのすぐ後の18週目にワーウィックもギアボックスが壊れ、ルノー勢はダブルリタイヤに終わる。


Renault RE60_13

第7戦フランスGPでは大改良を施した新型RE60Bが1台投入されたが、これはタンベイに与えられた。ワーウィックのマシンとスペアカーは引き続きRE60となっている。予選はワーウィックがニューマシンRE60Bのタンベイから0.3秒遅れて10位を得る。レースもポイントを得たタンベイに続く7位であったが、タンベイのRE60Bからは30秒近く離されていたことを見れば、新車投入の成果はあったようだった。


Renault RE60_14

第8戦イギリスGPでワーウィックにも新車のRE60B-07が与えられたが、スペアカーまでは間に合わずRE60-04が引き続き持ち込まれている。


Renault RE60_15
Renault RE60_16

第9戦ドイツGPでRE60-05を改修したRE60B-05がスペアカーとして投入されたが、チームは放送用のオンボードカメラを搭載した車を走らせることが決まり、ドライバーにはブラバムで序盤戦を走ったフランス人のフランソワ・エスノーが起用された。エスノー用のマシンとしてそれまでスペアカーだったRE60-04が引き続き持ち込まれ、ここでは一時的に4台のマシンをチームは持ち込んでいたことになる。エスノーのカーナンバーは14で、色は白となっている。このレースの予選はタンベイ、ワーウィックともに全く冴えなかったが、久々のF1マシンを操縦したエスノーもそれは同様で、グリッドはRAMの2台にも遅れた23位というものだった。レースも8週目にクラッチが壊れ、エスノーはカメラカーの仕事もろくにこなせないままリタイヤに終わる。これがRE60が持ち込まれた最後のレースだった。


Renault RE60_17

RE60は重量過大で、その戦闘力は今ひとつだった。アイルトン・セナを擁していたカスタマーのロータス・ルノーには速さで完全に負けており、ホンダターボを搭載するウィリアムズも侮れない存在だった。予選最高位は第3戦サンマリノGP・第6戦アメリカGP・第6戦アメリカGPでワーウィックが記録した6位、決勝最高位は第2戦ポルトガルGPと第3戦サンマリノGPでの3位で、いずれもタンベイによるものだった。序盤こそタンベイが得点を稼いだものの状況は苦しく、チームはRE60に改良の手を加えてニューマシンの準備を進めていた。


RE60は5台が製作された。
RE60-01は開幕前のテストで使用された。基本的にはプロトタイプでテストカーという位置付けであり、レースで使用されていない。
RE60-02は開幕戦ブラジルGPでタンベイ車として投入された。その後は第2戦ポルトガルGPから第4戦モナコGPまでスペアカーとなっている。
RE60-03は開幕戦ブラジルGPで投入され、第7戦フランスGPまでワーウィック車だった。その後RE60Bに改修されている。
RE60-04は開幕戦ブラジルGPでスペアカーとして投入された。第2戦ポルトガルGPから第4戦モナコGPまではタンベイ車となっている。第5戦となるはずだったベルギーGPから第6戦アメリカGPまでと、第8戦イギリスGPではスペアカーとなっている。第9戦ドイツGPではエスノーが使用した。
RE60-05は第4戦モナコGPでタンベイ用に用意されたが、スペアカーとして扱われた。第5戦となるはずだったベルギーGPから第6戦アメリカGPまでタンベイ車となっている。第7戦フランスGPではスペアカーだった。その後RE60Bに改修されている。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/13(日) 03:53:16|
  2. F1マシン
  3. | コメント:10
<<ルノーRE60B | ホーム | テスト>>

コメント

RE60

移転乙です
これからもお邪魔します
サムネ画像が大きくなった感じですかね?
ただ全体的には前の黒背景+白文字の方が見やすかったかも

RE60、RE50とそれほど大きくは変わってないんでしょうが、
あんまかっこよく見えませんね
ノーズが幅広くなったのがイマイチなのかなぁ
カラーリング的には黒の面積が増えたのは個人的にはツボなのですが、フロイントウイングとリアウイングの縞々が・・・
ルノーのCLを分解したイメージなんでしょうか?

成績的にはどうしてこうなった感が溢れるシーズン
EF15の素性が悪かったわけでもないはずなのに・・・
カムカバーかっこいいんだけどなぁ
  1. 2015/12/13(日) 09:07:45 |
  2. URL |
  3. 乙tus107 #-
  4. [ 編集 ]

RE60Bはかっこいい!

一番格好悪いRE40が最高成績というのがなんだかなー!フランスのコンストラクターは、頂点に立てないんだろーな!80年のリジェもやることなすこと後手後手で、結果2勝しかできなかったし!たぶんウィリアムズより速かったっす!
  1. 2015/12/13(日) 19:00:02 |
  2. URL |
  3. 深く静かに潜航せよ #VjWL9cgY
  4. [ 編集 ]

移転お疲れ様です!此方もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
ドライバーの評価は『レースを知らない本社の連中が作ったグニャグニャな車体で、マトモに走らない!50の方がマシ!』だったみたいですね…上層部を騙くらかして、50と比較テストしたら~50のが速かったとか(^_^;)
三栄のFW11本によると、ルノーが纏めた冷却システムレイアウトを、そのままカスタマーに横滑りで渡したらしいですね。て~ことは、フジミのLotus95の中身を使えば、簡単に作れる?あ、言ってみただけデス(^_^;)
Lotus買収でルノーワークス復活~さて、黄色に戻りますかね?
  1. 2015/12/14(月) 00:17:35 |
  2. URL |
  3. lc1gr6 #bQJkHtLI
  4. [ 編集 ]

引き続き楽しませていただいております。
RE60Bの次はAGSということですかね?
  1. 2015/12/17(木) 12:21:22 |
  2. URL |
  3. ピケさんファン #ZHcl9SCM
  4. [ 編集 ]

ルノー復調!?

お引越しお疲れ様です。(´▽`)

この年はルノーも復調して3勝を挙げましたね。やれやれです。

・・・といっても全部ロータス・ルノーなんですけどね^^;
  1. 2015/12/20(日) 17:11:35 |
  2. URL |
  3. yzr500~以下省略 #-
  4. [ 編集 ]

乙tus107さん

>ただ全体的には前の黒背景+白文字の方が見やすかったかも
自分もそっちにしたかったので直しました。プラグインとかいろいろあって、今までと勝手が違うのでなかなか慣れませんねえ。


>ノーズが幅広くなったのがイマイチなのかなぁ
ローンチ仕様はRE50のアンヘドラル風味ノーズつけていて、また若干顔つきが違います笑

>カラーリング的には黒の面積が増えたのは個人的にはツボなのですが、フロイントウイングとリアウイングの縞々が・・・
>ルノーのCLを分解したイメージなんでしょうか?
あの縞々は謎ですが、確かにルノーダイヤモンドを
分解したんだろうか笑
RE60のカラーリングは大好きです。

>成績的にはどうしてこうなった感が溢れるシーズン
>EF15の素性が悪かったわけでもないはずなのに・・・
>カムカバーかっこいいんだけどなぁ
やっぱりマシンの出来じゃないですかね。
このカムカバー洒落てていいですよね!
  1. 2015/12/20(日) 21:29:33 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

深く静かに潜航せよさん

RE40意外に成績がいいんですよねえ笑
フランスのチームで唯一チャンピオンはマトラですが、あれは運営とエンジンがイギリス製だしなあ…笑
  1. 2015/12/20(日) 21:31:47 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

lc1gr6さん

>ドライバーの評価は『レースを知らない本社の連中が作ったグニャグニャな車体で、マトモに走らない!50の方がマシ!』だったみたいですね…上層部を騙くらかして、50と比較テストしたら~50のが速かったとか(^_^;)
そんな評価があったのですか。確かにドライバー・サーキットごとで戦績が上下しすぎて、モノコックぐにゃぐにゃというのも納得できます。
RE60も途中でモノコックを軽量化してましたし、カーボンけちって強度ががた落ちだったんじゃあ…。
ラルースもテツも離脱して、レースを知らない本社の連中が作った車という評価もまあ…。


>三栄のFW11本によると、ルノーが纏めた冷却システムレイアウトを、そのままカスタマーに横滑りで渡したらしいですね。て~ことは、フジミのLotus95の中身を使えば、簡単に作れる?あ、言ってみただけデス(^_^;)
ルノーもあんまり考えてなかったんでしょうかね。

>Lotus買収でルノーワークス復活~さて、黄色に戻りますかね?
スポンサーが無い2010年みたいな黄色黒なのかなあ…あれかっこ悪かったですけど。
  1. 2015/12/20(日) 21:38:56 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

ピケさんファンさん

>RE60Bの次はAGSということですかね?
それはどうでしょうかね笑
  1. 2015/12/20(日) 21:48:33 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

yzr500さん

>・・・といっても全部ロータス・ルノーなんですけどね^^;
存在感も戦績も完全に食われちゃってるのがもう涙。
カラーリングだけはかっこいいんですけどねRE60。
それもJPSのロータスルノーに比べると霞みますが笑
  1. 2015/12/20(日) 21:51:46 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。