FC2ブログ

誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AGS JH26

オートモービル・ゴンファロネーゼ・スポルティーブ:AGSの経営権を握ったシリル・ド・ルーブルのチーム改革は多少の効果を見せたが、チームが直面する資金難という厳しい状況は相変わらず変わることは無かった。91年シーズンは撤退やラルースとの合併が噂されるような状況ながらも、どうにかシーズンをスタートさせたAGSであったが、やはり運営資金が無いことで新車の製作は全く進んでいなかった。それでも第2戦ブラジルGPの後、AGSはニューマシンのモデルを公開しチームが前進していることを周囲に知らしめようとしたのである。


AGS JH26

JH26のデザインはミシェル・コスタと、チームを離脱したピーター・ウィスの後任として新たに空力担当になったマリアーノ・アルペリンが担当した。外観で最も特徴的なのは、ノーズがベネトン風のハイノーズとなったことである。ただしウィングステーはハの字に開いており、少々不恰好だ。モノコックは下面が持ち上げられてはいるが、JH25とあまり変わらないように見える。ノーズコーンとモノコックの接続も無理やり繋いだようなラインをしており、ノーズコーンは表面の模様が車体側と違うものが使われている。JH26は本当に当初からこの姿だったのか、疑問も残る。


AGS JH26_2

サイドポンツーンはさらに不可解なラインをしており、模型ではエッジの落とされたカウルのラインは空力を意識したものと思われるが、どうにも俄作りなようで流麗とは言い難い印象を受ける。サイドポンツーンはJH25に比して全体的に高さが増しており、ラジエターインテークの形状と合わせてフェラーリ642やマクラーレンMP4/6など、トップチームのマシンに影響を受けているようだ。そのラジエターインテークはJH25でも比較的前方に位置していたが、JH26のそれはさらに前進しフロントサスペンションの直後から始まっている。やはりフェラーリ642や、当時最新のF3000マシンであったラルトRT23にも似た処理である。サイドポンツーン後半は高さがあるものの、絞込みのラインはJH25に類似している。サスペンションは前後ともプッシュロッド式でJH25と共通であるが、モノショックかどうかは定かではない。リアエンドは資金的に厳しい状況から、おそらくJH25と共通だったであろう。模型の姿を見てもJH26は細部の詰めが甘いように思われ、はたしてコスタはどのような根拠を以ってこのマシンをデザインしたのか、興味深いところである。なおドライバーのヘルメットはなぜか前年限りでチームを去ったヤニック・ダルマスのものだが、前年に風洞実験で使用したものなのだろうか。
エンジンはJH25と同じく、ハイニ・マーダーがチューンとメンテナンスを担当するフォード・コスワースDFR 90を搭載する。


AGS JH26_3

JH26活躍想像図(作:Simacher氏)。
91年序盤のノースポンサーの状況と、首脳が替わってもしばらくは白ベースのカラーリングが続いたことから、JH26もおそらくは同様のカラーリングだったことであろう。だがJH26がマシンとして完成することはついになかった。
第3戦サンマリノGPを前に、チームは実業家のガブリエレ・ラファネリと、スクーデリア・イタリアチームのマネージャーも務めたパトリツィオ・カントゥに売却された。ド・ルーブルは積み重なるチームの負債と、それを解消するために自身の資産を持ち出す状況にうんざりしていた。それでも我慢してチームを91年シーズンの参戦に持ってきたド・ルーブルだったが、彼の忍耐もここで終わった。そして新たにAGSを手にしたイタリア人は、旧来のAGSチームの技術陣が進めていたニューマシンの計画を良しとせず、コスタを解雇した。
その後釜に就いたのは皮肉にも、かつてコスタと共にいくつものAGSのフォーミュラマシンを送り出したクリスチャン・ヴァンダープレインだったのである。カントゥとラファネリの新首脳は既にデザインが完了していたコスタのJH26を開発するつもりは全く無く、ヴァンダープレインと同じく新たに加入したイタリア人デザイナーのマリオ・トレンティーノに新たなマシンの製作を命じた。だがこのニューマシンも、登場するまでに長い時間が必要となるのであった。



JH26は2台が製作予定であった。シャシーナンバーが割り当てられていることから、ある程度まで部品の発注や製作が予定されていたのかもしれない。
JH26-045は完成しなかった。
JH26-046は完成しなかった。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/27(水) 12:33:45|
  2. F1マシン
  3. | コメント:10
<<AGS JH27 | ホーム | AGS JH25B>>

コメント

まあなんですね。

JH26ですね。ここまで大きな画像を見るのは初めてです。

91年の某雑誌に模型の後ろで微笑む3人のスタッフの写真が載り「ベネトンと考えが同じって事は俺たちのデザインもまんざらじゃないだろ。」的なコメントが載ってましたが・・・まじまじ見るとどう見ても「後出しジャンケン。」ですよね。

そう考えると、これがAGS最後のマシンにならなくて良かったと思いました。
  1. 2016/07/27(水) 21:33:03 |
  2. URL |
  3. Dr.Strangelove #-
  4. [ 編集 ]

フランスの独立チーム枠は…一つしか無いんですね…火傷する前にイチ抜けしたマルティニの判断は正しかったのですね…
ラルト23~ジョン*ボールドウィン作ですよね?
一頃流行った~赤馬639に端を発する「ゆったりサイドポンツーン」…サイドデフレクターに駆逐されるのを知った世代からみると~感慨深い…かな?
  1. 2016/07/28(木) 00:57:37 |
  2. URL |
  3. 1418gr5 #ZdfQhLTQ
  4. [ 編集 ]

Dr.Strangeloveさん

>「ベネトンと考えが同じって事は俺たちのデザインもまんざらじゃないだろ。」的なコメントが載ってましたが・・・
自分も見覚えありますが何だったかな…。
でもモデルが壊滅的過ぎて説得力ないですね笑

>まじまじ見るとどう見ても「後出しジャンケン。」ですよね。
おっしゃる通りで。自分もそう思います。
よく見るとフロントウィングの中央部分に何かつけてたような跡が
見えますし、こいつ実はローノーズだったんじゃないかと
個人的には思っています。
  1. 2016/07/31(日) 14:25:11 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

1418gr5さん

>チーム枠
結局スポンサーの取り合いになって上手く回らないんですかねえ。

>ラルト23~ジョン*ボールドウィン作ですよね?
ですね。ただマーチ91Bをラルト枠で販売したらしいので、
もしかしたらラルフ・ベラミーが関わっているかも…。

>サイドポンツーン
90年代初頭はフェラーリやマクラーレン真似てるのがそこそこいましたよね。
  1. 2016/07/31(日) 14:36:49 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

更新お疲れ様です(´▽`)

Simacher氏の絵を見ているとこういうクルマだったような気がしてきました^^;

この車はわかりやすいですね。もともとフェラーリに似たローノーズのクルマを作るつもりだったけど、後からハイノーズのクルマが速そうだと思って、とりあえずベネトン風のノーズを付けたんでしょうね(-_-;)

ノーズ下部を見てるとこの形だと車体の下にたっぷり空気が入っていくのかなぁと、疑問に思います。

なんだか、オーロラシリーズあたりで見たなんちゃってウイングカーに近いものを感じました(´▽`)

  1. 2016/08/02(火) 12:15:56 |
  2. URL |
  3. ぽこぽこ #-
  4. [ 編集 ]

あと1台…

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
貴重な情報ありがとうございます。

いよいよAGS編もあと1台となりましたね…

楽しみに待っています。
  1. 2016/08/03(水) 10:26:57 |
  2. URL |
  3. ブロークン・アロー #-
  4. [ 編集 ]

JH26

なんとなーくF310/2テイスト溢れるノーズ形状ですな
因みにこのモデルの公表はブラジルGP後ということですが、この時点でB191の外見って公表されてましたっけ?
イモラがデビュー戦だから、その前のテスト等で姿見せてたのかもしれませんけど
B191というかティレル019のフロントウイング繋げてみましたって感じでしょうか
それにしてもモデルの作りの粗さにも資金の無さを感じますねー・・・
とはいえフロント翼端坂形状とかは、よくある三角形形状に収まらないとこに多少の頑張りを感じます
  1. 2016/08/12(金) 20:25:32 |
  2. URL |
  3. 乙tus107さん #-
  4. [ 編集 ]

ぽこぽこさん

この絵ですが最初に上がってきたのはラルースLH92風味で
たいへん格好良かったのですが、それは違うだろうということで
修正してもらいました笑

実車に関しては当初はおそらくフェラーリもどきな感じだったと
思うんですけどねえ。
  1. 2016/08/15(月) 22:06:17 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

ブロークン・アローさん

はじめまして。

>いよいよAGS編もあと1台となりましたね…
はたして本当にそうかな!?
  1. 2016/08/15(月) 22:15:33 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

乙tus107さん

>なんとなーくF310/2テイスト溢れるノーズ形状ですな
そうなんです。

>因みにこのモデルの公表はブラジルGP後ということですが、この時点でB191の外見って公表されてましたっけ?
B191はサンマリノGP直前のイモラテストでお披露目だったようです。
この風洞模型あんまり説得力がない汗
  1. 2016/08/15(月) 23:07:45 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。