誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AGS JH27

AGS JH27

91年は資金不足から新車の製作ができず、多額の負債を抱えたまま開幕したAGSことオートモービル・ゴンファロネーゼ・スポルティーブ。旧型JH25を規定に合わせただけのマシンで開幕からの数戦を凌いだが、そのような状況では成績は上向くはずも無かった。
話は変わるがコローニに移籍してマシン設計を行っていたクリスチャン・ヴァンダープレインだったが、そこでも結局は資金不足で思うような活動ができなかったためか、F3000のクリプトン・エンジニアリングへと移籍していた。ところがそのクリプトンを率いるパトリツィオ・カントゥがF1のAGSチームを買収したことで、ヴァンダープレインは再びF1の世界へと引き戻されたのである。かくして古巣のAGSへと戻ってニューマシンの設計を行っていた彼だったが、第13戦イタリアGPでようやくその新車が姿を現すこととなる。


AGS JH27_2

資金不足で何もできないAGSが待ち望んでいたニューマシンが、このJH27である。デザインはヴァンダープレイン指揮の下、モデナチームから移籍してきたマリオ・トレンティーノが担当した。車体は当時最速マシンのウィリアムズFW14を手本にしたような形態で、ノーズ先端も垂れ下がっており、影響が見て取れる。


AGS JH27_3

下面を持ち上げたモノコックもトレンドを取り入れたものである。サスペンションは基本的にJH25Bを踏襲するが、フロントがモノショックだったJH25Bに対して、一般的なツインショックへと再び改められた。リアサスペンション周りはJH25Bと変わっておらず、部品を流用している。新車開発のコストを極力減らそうという意図が見えるようだ。
エンジンは引き続き、ハイニ・マーダーがチューンとメンテナンスを担当するフォード・コスワースDFR 90を搭載した。


AGS JH27_4

JH27のデビュー戦となった第13戦イタリアGP。だが用意できたのはガブリエレ・タルキーニのJH27-047だけで、この車もメカニックが3日連続の徹夜で作業を行った末に、予備予選の朝にようやく組み上がったばかりというものだった。期待の新車で飛び出したタルキーニだったが、突貫工事が祟ったのかエンジンが僅か1周で壊れる始末。仕方なくスペアカーのJH25Bに乗り換えたタルキーニはタイムが出せず予備予選落ちに終わる。


AGS JH27_5

第14戦ポルトガルGPで2台目のJH27である048が完成し、タルキーニに与えられた。前回タルキーニが使用した047は替わってバルバッツァが使用している。予備予選はタルキーニが3番手タイムで突破を果たすが、バルバッツァはフットワークのミケーレ・アルボレートに及ばず31位で予備予選落ちに終わった。タルキーニはモデナ・ランボの2台を上回ったが28位で予選落ちに終わった。


AGS JH27_6

第15戦スペインGPを前にフォンドメタルのオリビエ・グルイヤールが解雇され、タルキーニはその後釜として突然移籍してしまった。結局空いたシートはそのグルイヤールが得ることとなり、ドライバーをトレードしたような形になった。


AGS JH27_7

バルバッツァの18号車はそれまでと変わってリアウィングに識別用の黄色いラインが入れられている。だがバルバッツァ、グルイヤールともに最下位タイムで予備予選落ちに終わる。



AGS JH27_8

第15戦スペインGPの後、チームを運営していたカントゥとガブリエレ・ラファネリはチームの解散とF1からの撤退を表明した。シーズンが始まってもスポンサーがつかず資金的にかなり厳しい状況であり、チームは新たなスポンサーを獲得しようと動いていた。だがスポンサー探しは難航し、ついにヨーロッパラウンドの終了までそれは果たされなかった。もうこれ以上探してもスポンサーは見つからないと判断した経営陣は、スペインGPを最後にチームを撤退することを決定したのである。
地元であるフランスGPから色合いも鮮やかに虹色を身に纏ったAGSだったが、チームの状況は最後まで好転せずに苦しいままだった。シーズン開幕前からチームは運営上の問題があり、多くの混乱の果てになされた株式売却の結果、ニューマシンの投入はシーズン終盤にまで遅れてしまった。そのマシンもチームの状況がひどいためにパフォーマンスを全く発揮できず、JH27を駆ったドライバーは予備予選落ちを繰り返すしかなかった。最後にはチームの成績を引き上げてきたタルキーニにも見放されてしまったのも大きな痛手であった。こうしてジュニアフォーミュラからレース活動を続けてきたフランスの小さなコンストラクターは、虹となってF1から消えていったのである。
予選最高位はタルキーニが記録した第14戦ポルトガルGPの28位で、決勝進出はついに果たされなかった。



AGS JH27_9

2002年のモンディアル・ド・オートモビルというショーで展示されたJH27。カラーリングはAGSフォーミュラ1の赤/銀/黒になっているが、この時点ではまだ現存していたようだ。


JH27は2台が製作された。
JH27-047は第13戦イタリアGPでタルキーニ車として投入された。第14戦ポルトガルGPと第15戦スペインGPではバルバッツァ車となっている。その後X2に改造された。

JH27-048は第14戦ポルトガルGPでタルキーニ車として投入された。第15戦スペインGPではグルイヤールが使用している。その後X2に改造された。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/07(日) 03:43:26|
  2. F1マシン
  3. | コメント:18
<<AGS JH24改 | ホーム | AGS JH26>>

コメント

田舎では~当時予選の放送は無かったので~記憶に残って無いです…多分、雑誌にもマトモに載ったこと無いはず。
残念ながら、最期まで泡沫チームでしたね。
やはり「カネが無い」のはツラいですね…しかしながら「ビッグスポンサー獲得→新型マシン大成功→トップチームに躍進!」したウィリアムズみたいなところもあれば「ビッグスポンサー獲得→新型マシンが埋没→一年でユニパートに逃げられた」エンサインの例も…
レーシングオン最新号~当時の中堅以下の泡沫チームの顛末が一通り纏めてありますね…イタリア人のしぶとさに脱帽!
  1. 2016/08/07(日) 09:22:02 |
  2. URL |
  3. 1418gr5 #ZdfQhLTQ
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした~。

AGS編。更新お疲れ様でした。
私が過去に読んだ雑誌だと、メルセデスに売却されたという噂だったのですが、2台とも乗車体験会社のX2に改造されてたんですね。その方が良かったのかも知れませんね。
メルセデスに売られてたら・・・と思うと撤退以上に悲惨な末路しか思い浮かばないような気がします。

でも、HBとか積んで走ってたら意外に好走したでしょうか?フォンドメタル位には走れたんじゃないかなって思いますが。(・∀・)
  1. 2016/08/07(日) 21:31:48 |
  2. URL |
  3. Dr.Strangelove #-
  4. [ 編集 ]

カッコいいデスネ

JH27カッコいいですね。名車fw14と似ていて、当時のマクラーレンMP4/6なんかに比べてはるかに先進的なデザインだったと思います。結局決勝には進めず。もし、フォードHBでもう少し早く登場していたら、中段あたり争えてたと思います。
  1. 2016/08/07(日) 23:25:54 |
  2. URL |
  3. ori #euFkoW2o
  4. [ 編集 ]

水色がリジェっぽいですね。

更新お疲れ様です(´▽`)

とうとうAGSが撤退してしまいましたね。お金がなくてクルマの開発が進みませんでしたから、どうしてもこういう結果になってしまいますね。

JH27はFW14を参考にしたようですが、ノーズ部分の水色のせいか正面から見るとリジェみたいだな~と、思いました。

AGSは手堅いデザインのクルマを作り続けてきましたけど、結果につながりませんでしたね。やっぱりエンジンやアップデートにお金をかけられなかったのが響いたんですかね。

結局、どんな車体を作ってもアップデートやエンジンにお金をかけられないチームは、得てしてこういう結果になりますね(T_T)
  1. 2016/08/10(水) 18:13:47 |
  2. URL |
  3. ぽこぽこ #-
  4. [ 編集 ]

「これは究極のDFRマシンになるのでは!?」と、当時勝手に興奮したものでした。
まあ前半戦健闘したラルースも後半戦は青息吐息でしたので、マシン以前にDFRではどうにもならなかったのでしょうね。
  1. 2016/08/12(金) 11:14:36 |
  2. URL |
  3. 黒岩軍団 #-
  4. [ 編集 ]

FW14のようで、どっちかっつーと翌年のJS37の方が似ているような
なんとなーく重そうなフォルムになってしまっているところまで・・・
まぁお手本にしてるのが一緒だから似るのも当然なんですけどね
当時はAGSの情報なんて殆どなかったんで、フロントノーズだけ変えたんか?とか思ってました
そして出走回数少ないもんだから、更に情報少なくて、JH27の全体像なんてほとんど知りませんでした
今見ると結構まじめに作ってあるんですね
戦闘力があるかないかは別として・・・
リアサス周りは流用してるだけにやっぱり剥き出なんですなぁ
  1. 2016/08/12(金) 21:02:00 |
  2. URL |
  3. 乙tus107さん #-
  4. [ 編集 ]

1418gr5さん

>…多分、雑誌にもマトモに載ったこと無いはず。
GPXに技術的詳細が少しあったくらいでしたね。
画像はほとんど無かったような…。

>残念ながら、最期まで泡沫チームでしたね。
結局最後まで変わりませんでした。残念。

>レーシングオン最新号~
やっぱり散漫でしたね。まあ紙面が限られているから仕方ないんでしょうけど。
イタリア脱税事情でも載っているのかと期待したんですが笑
  1. 2016/08/15(月) 22:21:39 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

Dr.Strangeloveさん

>X2
聞いたことはありませんでしたが、メルセデスが
買ったというのが意外ですね。
F1参戦の参考資料として確保したんでしょうか?
もしかしてカナダでT97/30使ってたディーラーかと
思ったんですが笑

>でも、HBとか積んで走ってたら意外に好走したでしょうか?フォンドメタル位には走れたんじゃないかなって思いますが。(・∀・)
ルノーモノコックのあれは別として、初期AGSや
コローニC3、ダラーラF190などヴァンダープレイン
の作るマシンって実はそれほど悪くないと思うんですよね。
ちゃんとしたエンジンと体制があれば少しはいけたかもしれません。
  1. 2016/08/15(月) 22:36:36 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

oriさん

はじめまして。

見た目はそこそこイケてるんですけどねえ。
HB獲得できるくらいのチームの体力があれば、ねえ笑
  1. 2016/08/15(月) 22:42:05 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

ぽこぽこさん

>リジェ
確かに翌年のJS37にノーズの雰囲気は似てるんですよね。
翌年なので書きませんでしたが笑

>結局、どんな車体を作ってもアップデートやエンジンにお金をかけられないチームは、得てしてこういう結果になりますね(T_T)
つまりそういうことなんですよね。
NA3.5リッター規定開始当初とはあまりにも状況が
違いすぎてますし…。
  1. 2016/08/15(月) 22:48:04 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

黒岩軍団さん

>「これは究極のDFRマシンになるのでは!?」と、当時勝手に興奮したものでした。
ちゃんとFW14を模倣していて「おっ」と思うんですけどねえ笑

>まあ前半戦健闘したラルースも後半戦は青息吐息でしたので、マシン以前にDFRではどうにもならなかったのでしょうね。
ハートスペシャル積んだラルースやフォンドメタルであれですから、
90年からほぼアップデートが無いと思われるマーダーDFRでは
如何ともし難いですよね。
  1. 2016/08/15(月) 22:57:26 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

乙tus107さん

まあ確かにJS37にも似ているんですが、それは翌年の
車なのであえて触れませんでした。
そういやド・ルーブルがオーナーだったのって92年でしたっけ?

>今見ると結構まじめに作ってあるんですね
>戦闘力があるかないかは別として・・・
森脇さんが本に書いてたんですが、「マシン製作のクオリティは
きちんとF1マシンのそれでしっかりしているのに、
これでどうして遅いのかが理解できない」
というようなコメントをしていました。
少なくともユーロブルンなんかよりはずっとF1チームしてるんですがねえ…。
  1. 2016/08/16(火) 03:24:03 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

ありがとうです

AGSの巻、お疲れ様でした。
当時のTVやレーシングオン誌ではトップチームやセナプロばかりで、下位チームはリタイヤシーンばかり。でもチラッと写るマシンこそ印象に残ってるんですよね。そしてなぜ消えていったか。ン十年ぶりに教わりました。懐かしかったです!
  1. 2016/08/18(木) 01:29:08 |
  2. URL |
  3. Pom #-
  4. [ 編集 ]

AGS編完結お疲れ様です。F1カーはシャシーナンバーの調べが付いていいなぁ… (死んだ目)

JH27、ウィリアムズの模倣というのはわかるんですが、言われている通り翌年のリジェに似ている。しかもわるい意味で。このフロントは速そうに見えないんですよね…。

>イタリアの脱税
当時のイタリアの税制は穴だらけでどうのこうの、ってのをどこかで読んだ記憶が。
  1. 2016/08/25(木) 04:36:38 |
  2. URL |
  3. Simacher #-
  4. [ 編集 ]

Pomさん

まあ見ての通りもう少し続きがあるわけですが笑

>下位チームはリタイヤシーンばかり。
自分もいろいろ知りたくてこうしてブログやってるわけですが、
楽しんでいただければ幸いです。
  1. 2016/08/31(水) 04:12:27 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

Simacherさん

まだ完結ではない…ッ!

>F1カーはシャシーナンバーの調べが付いていいなぁ… (死んだ目)
Cカーの記事には期待してますよ(

>当時のイタリアの税制は穴だらけでどうのこうの、ってのをどこかで読んだ記憶が。
割とガバガバだったらしいですね。
  1. 2016/08/31(水) 04:51:22 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

拝見しました

よくこれだけの情報が集められますね!
素晴らしいです!
ちなみに確か1992年の開幕戦南アフリカGP号だったかで、アンドレアモーダについての記述で「ヨーロッパラウンドより投入予定のシムテック作成のニューマシンはAGS JH27の発展系」みたいなことが書いてあったかと記憶しております。
当時その記事を読んでマイナーチームファンだった私はまたAGSが見れると興奮した記憶があります。
  1. 2016/12/02(金) 10:10:22 |
  2. URL |
  3. nori #666QAJ3Q
  4. [ 編集 ]

noriさん

はじめましてだったでしょうか?

>情報
グーグル検索して引っかかった中から必要なものを
片っ端から翻訳したり労力かけてます笑
知り合いには当時の本見せてもらいましたし…

>AGS JH27の発展系
おそらく元AGSのミシェル・コスタが転がり込んでいたことからの
情報かと思えますが、発展系でも何でもなかったですね。
外形はFW14参考なので似てるといえば似てるのかもしれませんが…
  1. 2016/12/03(土) 23:35:39 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。