誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AGS X2

1998年、マクラーレンがMP4-98Tなるニューマシンを発表し話題を呼んだ。これはF1マシンのコクピット部分を延長し、前後に二人が乗車することができる2シーターのマシンであることが最大の特徴だった。マクラーレンチームはこの車を使ってデモンストレーションを何度も行い、やがてその行為は新たなビジネスとして認知されたのである。続いてミナルディが01年に2シーターのF1X2を登場させ、同じ頃アロウズも3人乗りのAX3を登場させた。この頃複座型マシンが小規模ながらも流行を引き起こしていたのは間違いない。このようにドライバーの他にパッセンジャーシートを備えた複座型のF1マシンは、AGSにも大きな影響を与えることとなる。既にF1マシンの乗車体験をビジネスとして成り立たせていたAGSフォーミュラ1であったが、ドライバーとしての特別な訓練を受けていない一般者へもF1マシンへの乗車体験サービスが提供できるとして、2シーターマシンの製作にゴーサインを出した。


AGS X2

AGSフォーミュラ1が製作した2シーターマシンが、このX2である。といっても新規に製作されたのではなく、AGSフォーミュラ1が手持ちのマシンを改修してこれに充てることとした。ここでベースに選ばれたのは91年に製作されたAGS最後のF1マシンのJH27であった。JH27は2台しか製作されておらず、乗車体験は旧型のJH24改がメインで使われていた。またモノコックは走行距離の少なさから疲労もなく、改造に適していると判断されたと思われる。JH27は数戦のレースに参加したが全て予選・予備予選落ちに終わっていた。


AGS X2_2

モノコックの改修は、繊維強化プラスチックの扱いに長け、そうした素材を使用した車の修理や改修を手がけるフランスのMGコンポジット社が担当した。基本的にはJH27のコクピット後部でモノコックを切断し、新たに製作したパッセンジャーシート部分を継ぎ足す形で間に挟み込んだものである。ホイールベースは当然延長されたコクピットの分伸びている。


AGS X2_3

それ以外の部分はJH27の姿を残しており、アンヘドラル風のウィングを備える垂れ下がったノーズコーンやサイドポンツーンなど、各部はJH27のままになっている。改修された時期だが、02年の自動車ショーにJH27が出展されていた履歴があるため、02年終わりからから03年にかけてと思われる。
エンジンはやはりベースになったJH27のそれを流用しており、ハイニ・マーダーがチューンしたフォード・コスワースDFR 90を搭載する。


AGS X2_4

05年頃はAGSフォーミュラ1はルノーF1と契約を結んでおり、X2も貴重な2シーターマシンとしてイベントに駆り出されることもあった。現在は1台が黒/銀に赤のストライプ、もう1台が黄色で塗られているのが確認できるが、車番などに関しては不明である。


AGS X2_5

AGS X2_6

このように原型を損なってしまった点は少々残念なものの、JH27はX2と名を変えてAGSフォーミュラ1の重要なマシンとして、今もサーキットを走り回っている。



X2は2台がJH27から改修された。
X2-047はJH27-047から改修された。
X2-048はJH27-048から改修された。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/24(土) 23:55:32|
  2. その他マシン
  3. | コメント:6
<<見に行ってまいりました | ホーム | AGS SH01>>

コメント

マクラーレンも、二年落ちのモノコックから改造したそうですし。
モノコックの継ぎ接ぎがなんとも(^_^;)釜で焼き直す時に、古い塗装は焼けちゃったのかな?
フランス繋がりでやって来ましたが…次はドンなでしょ?
  1. 2016/09/25(日) 21:54:07 |
  2. URL |
  3. 1418gr5 #T0qRLSOc
  4. [ 編集 ]

まだあったのかΣ(゚Д゚;)アラマッ

更新お疲れ様です(´▽`)

AGSネタがまだあったんですねΣ(゚Д゚;)アラマッ

2シーターのフォーミュラってこんな風に作るんですね。随分と豪快ですね。エンジン全開で走り続ける剛性があるのだろうか・・・と、素朴な疑問がわきました。

・・・個人的には、ないんだろうなぁ~と、思ってます^^;
  1. 2016/09/26(月) 18:13:20 |
  2. URL |
  3. ぽこぽこ #-
  4. [ 編集 ]

X2もあるでよ。

SHで終わりかと思ったら、そう言えばX2もあったのですよね。失念していました。

SH作るなら、派生でそのまま2人乗り作られなかったのかなと思います。しかし、こうやって伸ばされて2人乗りになるなら1台はJH27のまま残してくれてたらなと思いますが、商売上仕方ないのかもしれないですね。持てる資産は精一杯使い切るのがモットーなんでしょうか。(違うと思う)
  1. 2016/09/26(月) 21:59:38 |
  2. URL |
  3. Dr.Strangelove #-
  4. [ 編集 ]

1418gr5さん

>マクラーレン
あれ二年落ちだったんですか。まあ新車をベースにする理由が無いか。
気になったんですけど、ああいう2シーターマシンの改造って
どうやってるんでしょうかね。焼いて作った部分を
後からモノコックに接合してるように見えるんですけど。

>次
さーて何でしょうねー(言わない
  1. 2016/10/01(土) 18:31:20 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

ぽこぽこさん

けっこう強引に見えますよね。
3シーターとかどうなっちゃうんだろうって感じです。
剛性は間違いなく落ちていると思いますが、
F1時代より速度は落ちてて、走行距離も少ないので
あまり問題にならないんでしょうね。
  1. 2016/10/01(土) 18:33:24 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

Dr.Strangeloveさん

既にJH27の記事でネタを振ってはいました笑

>しかし、こうやって伸ばされて2人乗りになるなら1台はJH27のまま残してくれてたらなと思いますが、商売上仕方ないのかもしれないですね。
ほんとそうなんですけどねえ。
おそらくもう戻せないでしょう(タブ再製作するしかない)。
自分のようなF1オタはもったいないと思ってしまいます笑
  1. 2016/10/01(土) 18:40:48 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。