FC2ブログ

誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルファロメオ179_◆・・・年次による各部の違いと判別

◆・・・年次による各部の違いと判別

179のモノコックの年度による違いを見る。

■179(79年型)

Alfa Romeo 179_01
Alfa Romeo 179_02

179が最初に投入されたのは79年の第13戦イタリアGPであった。ベンチュリー構造とスライディングスカート、ロッキングアーム式のサスペンションを備えるグラウンドエフェクトカーとしてはオーソドックスな形態だが、モノコックの設計はまだ旧来のツインチューブモノコックを引きずっており、剛性は低そうだ。2台が製作され179.001と002が該当する。

■179(80年型)

Alfa Romeo 179_03
Alfa Romeo 179_04

79年型の反省を踏まえて80年シーズン用に製作されたシャシーである。モノコックの基本構成は同一だが、フットスペース上部のパネルは平板からフロントロールフープ前面を覆うような半円形のものに変更されているのが確認できる。このタイプは79年型よりもモノコック剛性が強化されていると言われる。AUTOCOURSE HISTORY OF THE GRAND PRIX CARS 1966-91によれば、モノコックは7kg増えたがカーボンファイバーのカウルなどで30kg軽量化を果たしたとされる。2台が製作され179.003と004が該当する。

■179B(80年)

Alfa Romeo 179_05
Alfa Romeo 179_06

80年シーズンを戦う中で従来型のモノコックでは剛性が不足していることが判明したらしく、80年の第5戦モナコGPで持ち込まれた新型モノコックのBスペックである。80年型のモノコックを基本に、モノコック側面のパネルをドライバーの肩が隠れる程度まで高くして開口部を減らし剛性を強化した。モノコック先端もボックス状の構造が取り付けられており、リザーバーは内部に収納される。サイドポンツーンはリアタイヤ前でエアを引き抜く処理をやめ、フィンが消えた。モナコでは12kg軽量な新型V12を搭載していたという。3台が製作されたが、179.005はホッケンハイムでのテストで全損しパトリック・デパイユが事故死した。その後005のナンバーで再製作されたのかは不明確だが、179.005、006、007あるいは2代目005の3台が該当する。006は燃料タンク部分をカーボンファイバーのパネルで補強していることが画像から判明している。


■179C(81年)

Alfa Romeo 179_07

81年は新たにスライディングスカートが禁止され、車高6cmの規定が施行された。これに合わせて各部をマイナーチェンジしたのが179Cである。最も大きな変更はモノコックで、79年の仕様を基に改良していた従来のモノコックを捨て、閉断面のより剛性を高めた設計となった。ただしウルフがしたような1枚のアルミシートを折り曲げて製作するものや、ウィリアムズの接着剤を主体に接合するモノコックとは異なり、あくまでリベットで結合する従来の工法を採っている。その断面も変わっており、従来の179ではモノコックの底は箱型の断面をしていたが、179Cではより多くの空気をベンチュリーに流すべく、角を切り落とした多角形の断面となっている。またフロントサスペンションの構成も変更されており、タイロッドがアッパーアームの前方に移動した。そのアッパーアームも太さは旧型よりも細くなっており、ダウンフォースが減少した分軽量化を計ろうとしたのではないかと思われる。これは後に改良が進んだ際に問題となったようである。
そのモノコックだが実は3タイプが存在しており、矢継ぎ早に改修を施していたアウトデルタの開発状況が伺える。これらの特徴の通り従来の179とは共通性が全く見られず、179を名乗ってはいるが実質的に別のマシンと言える。

Alfa Romeo 179_08

最初のシャシーでおそらく179.01である。このモノコックはスライディングスカートを装備する80年仕様で竣工し、ローンチの撮影などで使われた。ロールバーが80年までの179の一部に見られた、垂直にパイプが立ち上がる形態なのが特徴である。コクピットは前年から継続してドライバーを務めるブルーノ・ジャコメリが窮屈そうに見えるほどの居住性で、81年に新たに加入したマリオ・アンドレッティにとっては難があったのではないかと思われる。シフトノブの逃げを作るためにモノコックは左右非対称になっているようだ。またフロントロールフープがモノコック上に取り付けられていないなど、プロトタイプ的なシャシーである。今のところこのタイプを実戦で使った様子は確認できない。テストでは81年仕様に改装されていたようだ。

Alfa Romeo 179_09

こちらは標準的な仕様のモノコックで、おそらく179.02から04までの3台が該当すると思われる。モノコックは若干だが拡大され、開口部が広がったようだ。ロールバーは取り付け位置が変更されており、根元が広がる半円形に近い形状をしている。基本的には02がアンドレッティ用で、03がジャコメリ用だったとされる。

Alfa Romeo 179_10

おそらく179Cでは最後に製作されたモノコックで、本ブログが述べるところの179E仕様で竣工した個体である。コクピット部分はさらに拡大され、モノコック上面の幅も広げられているようだ。ロールバー下部のパネルは一段引っ込んだ形状になっており、この個体でしか見ることができない仕様になっている。おそらくアンドレッティ用にさらに居住性を良くしたものと思われる。レースには使われていないようで、当時の写真で確認することはできなかった。奇妙なことに179-04というナンバーを持ち、番号が重複していることが判明している。


■179F(81-82年)

Alfa Romeo 179_11
Alfa Romeo 179_12

81年はロータスとマクラーレンが新素材のカーボンファイバーを使用したニューマシンを投入したが、アウトデルタでもこの素材を使用してマシンを製作することを決めた。2台が製作されており、179-01と179-02Bが該当する。02Bを確認する限りではモノコック形状的には179よりも82年用の182に近く、02Bの外観からも182のプロトタイプ的な存在であることがわかる。01はモノコックを写した画像が確認できないので不明だが、179-04に近い形状なのではないかと思われる。いずれもレースでは使用されていない。


■179C(旧型車の改造)

Alfa Romeo 179_13
Alfa Romeo 179_14
Alfa Romeo 179_15

詳細は後述するが、81年シーズンは途中で80年型を改造した車を3台追加で投入した。その内の2台はシャシーナンバーを打ち替えられていることが判明している。



このように、179の車体番号は重複しているのである。3桁か2桁かの違いはあるのだが、モノコックに貼り付けられた打刻を見る限りでは、アウトデルタは179、179B、179Cといった区別はまったくしていないのだ(例外はあるが後述)。これがデータで見た場合にシャシーナンバーを特定することを阻害する要因の一つになっている。番号を特定するにはあくまで実際の車を見て、その車体的な特徴から判別するしかないのがこの車の難しいところなのだが、特徴で類別してまとめると以下のようになる。

・第一世代(79-80年)
シャシーナンバーが3桁の個体である。ツインチューブモノコックを基本とした野暮ったさが抜けない初期のシャシーで、強化型のBスペックも含めて001から007(2台目の005を製作した可能性もある)の7台が該当する。


・第二世代(81-82年)
シャシーナンバーが2桁の個体である。基本的に81年シーズン用に製作された閉断面のアルミモノコックが該当するが、前述のような重複もあり判別が難しい。01から04と追加製作された04の5台が現状で判明している。


・第三世代(81-82年)
シャシーナンバーは2桁であるが、カーボンファイバーモノコックの個体が該当し、01と02Bの2台が含まれる。番号だけ見ると第二世代と区別できないが、あくまで「カーボンファイバーモノコックの179」の01と02、というように考えるしかない。


スポンサーサイト
  1. 2017/01/10(火) 18:50:02|
  2. F1:資料的な何か
  3. | コメント:4
<<アルファロメオ179_◆・・・アルファロメオ179・現存車の差異 | ホーム | 目次的な項>>

コメント

こんがらがりますね。

更新お疲れ様です(´▽`)

昔(フジTVが中継を始める前)、中継でアルファロメオが走っているのを見てて、このカラーリングのおかげで「マクラーレンが4台?」と一瞬頭がこんがらがったのを思い出しました。関東ネットだと昔TBSが土曜の午後にたまにF1中継してたんですよね。ちなみにニキ・ラウダがマクラーレンで走ってた頃です。

今回の記事も見てて頭がこんがらがりますね。調査している人はもっとこんがらがったのでしょうが・・・(;´∀`)
  1. 2017/01/12(木) 19:15:34 |
  2. URL |
  3. ぽこぽこ #-
  4. [ 編集 ]

耐久のT33が、8気筒も12気筒もT33のままだったように~セリカやカローラみたいな、ペットネームだったのかもしれない?
公表名前を開発コードに替えたのは、スポンサーから「金渡してるのに、開発サボってるのか?」て突っ込みが入ったのかも?
  1. 2017/01/13(金) 14:14:36 |
  2. URL |
  3. 1418gr5 #-
  4. [ 編集 ]

ぽこぽこさん

83年までアルファはマルボロカラーでしたね。
182はMP4にも似ているから余計紛らわしい笑

今回ので179についてだいぶ整理はついたと思います…。
  1. 2017/01/16(月) 02:50:21 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

1418gr5さん

179Cというのが公式な呼称なのかもイマイチわからないんですよね。
この車本当に謎が多い。
  1. 2017/01/16(月) 02:52:17 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。