FC2ブログ

誰得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近わかったこと



どのメーカーも昔のレーシングカーや市販車を「遺産」と捉えて保存してくれているのは、自分のような古い車が好きな人間にとっては喜ばしいことです。特に日産のヘリテージコレクションの量は膨大で他のメーカーに比べても明らかに車の数が多いです。その中には何で残してあるのかこんな車、みたいなのがいたりして趣味的にはかなり面白い。同じ型式のマシンでもゼッケン違いやカスタマーのマシンなど含めると、複数収蔵してあるのもザラです。が、最近分かってきたことがあります。日産は同じ型のマシンを沢山持っているがゆえに、レプリカを作るためにそれらを利用してチャンピオンマシン仕様などに躊躇無く仕立て上げてしまうのです。ヘリテージコレクションのサイトを見れば分かりますが、「××仕様」と明記されたものはそれです。R390GT1の98年型などはレプリカが2台はいますし、98年のペンズオイルGT-Rもレプリカ含めて2台います。R382が残っていた2台から再生する際にチャンピオンマシンに仕立てられてしまったのも有名な話です。でも本来のシャシーのヒストリーを無視してそうした再生をしてしまうのは個人的にどうかと思うんですよね。まあ、顕著な戦績を残した車でもない限りは一般的なファンは見向きもしないのかもしれませんが……。
それと残念ながら、座間のコレクションですが近年10台程が放出されています。R90CKは時期を置いて2台、P35が1台、R85Vが1台、97年型R390GT1が1台、Gr.N仕様スカイラインが複数台座間から売却されてしまいました。某市販車1台も悲しいことに潰されています。そうなんです。「座間のコレクションへの収蔵=永久保存」 で は な い、ということを我々のような趣味人は頭に入れなければなりません。座間の敷地にも限界はありますし、レーシングカーは数年おきに引退して入れ替わっていきます。そのような状況の中で当初は保存されていた車がいなくなってしまうことは、ここ最近の動きからも明らかです。冒頭の画像の黄色いR90CK、座間に収蔵されていましたがSoEの前に個人に売却され、次はいつ拝めるのかもわかりません(オーナーは動かすつもりだったようですが)。イベントなどでしばしば姿を見せる貴重なレーシングカー達、撮れる時に記録しておかないと、二度と見ることができなくなってしまうかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 00:18:25|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
<<富士ワンダーランドフェス(古いフォーミュラ編) | ホーム | 日産グローバル本社ギャラリー展示「日産グループCカー・クロニクル」>>

コメント

うーん…在るだけマシと、割り切るしか無いのですかね…
少し前に買った、オクタン2017春号…79ル・マン優勝935K3目当てで買ったのですが…
「オーナードライバー兄弟は、マリファナ密売の利益でこの車買った」なんて書いてありました(^_^;)勿論刑務所送りで…件のポルシェ935の所有権も最近までグダグダだったみたいですね…
今年、K3のプラモデルが発売予定ナのですが…肝心のル・マン優勝車が外されてるのは、そういうワケなんですね(^_^;)
  1. 2017/03/26(日) 01:22:16 |
  2. URL |
  3. 1418gr5 #-
  4. [ 編集 ]

>マリファナ密売
ウィッティントン兄弟ですね。1980年代初頭にアメリカ・モータースポーツ界を震撼させた麻薬密輸事件がありまして、ドンとビルのウィッティントン兄弟、ジョン・ポール父子、ランディー・ラニエ (1984年のIMSA GTチャンピオン!) の五人のドライバーがFBIの捜査の結果逮捕・投獄されており、うちウィッティントン兄弟は「資金洗浄、脱税、コロンビアからのマリファナ密輸」で有罪判決を受けています。兄弟はランディー・ラニエと共に、海路による麻薬運搬を中心とするビジネスで得た資金を元手にレースをしていたのですが、84年にジャガーのワークス・チームを破ってチャンピオンになっちゃったので「その資金はどこから来ているのか?」とFBIの疑惑を招き、捜査が及んだそうです。兄弟はほかにも大戦機の蒐集・レストアやリノ・エアレース参戦など航空機関連にも手を出していました。

一方のジョン・ポール親子ですが、父ハンス・ヨハン・パウルはオランダからの移民で、渡米した際にジョン・リー・ポールとアメリカ風の名を名乗り、レース活動のかたわらマリファナ密輸やそれに絡んだ銃撃事件 (殺人未遂) を起こすいわくつきの悪党で、こちらも息子ともども逮捕されました。父親のほうは釈放後に行方をくらまし、現在タイ国に潜伏しているらしいとか。レースで後ろ暗い話が出て来るのは珍しくないけれど、いやはやアメリカの悪党はスケールが違うというか…。
  1. 2017/03/26(日) 22:58:28 |
  2. URL |
  3. Simacher #-
  4. [ 編集 ]

フォローありがとうございます

同時期の大藪晴彦センセのアスファルトタイガーが~ジゴロ稼業で貯めた200万ドルでマクラーレンTAGのシート買うのが、真面目な労働に見えますね(^_^;)
マーチのGシリーズ…本来シボレースモールブロック用ナノに~ホルバートはポルシェ935エンジン載せてチャンピオン捕るし…日産とBMWは直四載せるし、マツダはロータリー…汎用にも程がありますね(^_^;)そりゃ、長谷見サンがポルシェ載せようとするのも、出来そうですね(^O^)
  1. 2017/03/27(月) 00:06:47 |
  2. URL |
  3. 1418gr5 #-
  4. [ 編集 ]

ユーロレーシングのツウォルスマンといい、ヤバい稼ぎで
レーシングネタは面白いが闇が深すぎる…笑
  1. 2017/04/09(日) 00:02:27 |
  2. URL |
  3. Bou_CK #Y17400wE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bou_CK

Author:Bou_CK
歴史に残らないレーシングカー(主にF1)のマニア

最新記事

カテゴリ

ここは何 (1)
F1マシン (354)
F1マシン目次 (1)
F1:資料的な何か (30)
F1:メモ書き (4)
タスマン・シリーズ (9)
F5000マシン (3)
F2マシン (2)
F3000マシン (1)
その他マシン (15)
アルファロメオ179 (1)
F1 (2)
イベント (13)
未分類 (7)
(131)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。